家賃を立て替える仕組み|安定した収入が得られるまで「投資初心者脱却を目指そう」
住宅模型

安定した収入が得られるまで「投資初心者脱却を目指そう」

家賃を立て替える仕組み

集合住宅模型

どんな仕組みか

家賃保証とは、賃貸住宅の契約をする際、家賃保証会社が借主の連帯保証人を代行するサービスのことです。もちろん無料ではなく、借主は保証会社に保証料(手数料)を支払わなければなりません。親族に連帯保証人を頼みづらい人や、身寄りがなく連帯保証人を探すこと自体が困難な人でも、家賃保証のシステムを利用することによって入居が可能になるケースがあります。家賃保証を利用するためには、借主は保証会社と契約を結ぶ必要があります。契約を結ぶ前には、保証会社の審査があり、審査に通ったら保証料を支払うことで契約が成立します。契約を結ぶと、借主が家賃を滞納した場合に、保証会社が借主に代わって家賃を支払ってくれます。ただし、あくまでも立替払いなので、保証会社が支払った家賃は、後日、借主が保証会社に支払わなければなりません。

貸主にとってのメリット

家賃保証は、借主だけではなく貸主にとってもメリットがあります。貸主にとっての最大のメリットは、家賃の滞納リスクを軽減できる点です。家賃が回収できなければ、賃貸経営は成り立ちません。しかし、近年、経済環境の悪化で家賃を滞納する人が増えています。家賃保証を利用すると、何らかの理由で借主が家賃を支払えなかった場合は、保証会社が家賃を立て替えてくれます。保証会社が立て替えた金銭は、後日、保証会社から借主に請求されます。家賃保証会社は、通常の連帯保証人よりも滞納金支払いの確実性が高いので、貸主は安心して賃貸経営ができます。その上、滞納家賃の請求のための法的手続きも、実質的に代行してもらえます。また、明け渡し訴訟になった場合でも、その訴訟費用を保証会社が負担してくれます。