レディー

安定した収入が得られるまで「投資初心者脱却を目指そう」

注目されるマンション収入

集合住宅

多く人に注目されているマンション経営ですが、必ずしも上手くいくとは限らないのです。経営を成功させるためには何かしらの工夫が必要となります。そんな時井に役立つのがリノベーションです。リノベーションを行なうことで、入居者が増え安定した収入が得られます。

詳細を読む

初心者には有難いシステム

つみき

サブリース契約にはメリットもデメリットもあります。プロが運用する面においてはメリットになっています。特にトラブルなどの解決には、迅速さがあります。しかしリース料や契約更新などでデメリットになるケースに注意しなければなりません。

詳細を読む

お金を増やしたいなら

マネー

メリットの多い方法です

これまで銀行預金一辺倒だった人も、他の金融商品に目を向けてみる時代になりました。なぜかというと、銀行預金ではお金を増やすことができなくなってしまったからです。政策の後押しもあり、多くの人が銀行預金以外の方法を検討するようになりました。ただし、あまりにも金融商品の種類が多く、また、その仕組みも複雑であるため、戸惑ってしまう投資初心者が続出しています。投資初心者にお勧めできるのは、ミドルリスクでミドルリターンを狙うことができる商品です。投資初心者が最初からハイリスク・ハイリターン商品に手を出すことは危険すぎるため、お勧めすることができません。ミドルリスク・ミドルリターン商品の中でも特に初心者向きなのが、不動産投資です。不動産という実体のある物への投資という点で安心感がありますし、上手く運用することができなくても価値がゼロにはならないというメリットもあります。また、インカムゲインを狙う手法をとれば、長期的に安定収入を得続けることができるようになります。何かとメリットが多い方法なので、初心者でも安心して手を出すことができます。

心しておくべきこととは

これは不動産投資に限って言えることではありませんが、身の丈に合わない投資は行うべきではありません。投入する資金額が大きければ大きいほど、返ってくる利益も大きくなります。しかし、その分だけリスクも大きくなるということを忘れてはいけません。不動産投資につきものなのは、物件の価格変動リスク、金利変動リスクなどです。賃貸物件に限っていえば、これに賃料変動リスク、空室リスク、滞納リスクなどが加わります。それらのリスクに上手く対処することができるかどうかが、失敗と成功の分かれ目になってきます。しかし、無理な借金をして多額の資金を投下してしまうと、損をしたくないという気持ちが強く働き、判断が狂ってしまうようになります。初心者の場合は、少額投資で手堅く儲けるところから始めるのが最善の方法です。少額資金で購入できる債権化した不動産商品もありますので、まずはそれから始めてみるとよいかもしれません。

家賃を立て替える仕組み

集合住宅模型

家賃保証とは、家賃保証会社が借主の連帯保証人を代行するサービスのことです。借主が家賃を支払えなかった場合には、保証会社が家賃を借主の代わりに支払ってくれます。貸主にとっては、家賃の滞納リスクを軽減できるというメリットがあります。

詳細を読む